水彩工房港南下永谷店
住宅設備のプロショップ


HOME
プロフィール
ガス工事
資格・登録
水道工事
水道工事料金表
設備・リフォーム工事
修理・商品購入・
    ご相談受付
   設備・リフォーム
   工事料金表
 
セール
TOTO コンパクトリモ
デルコーナー



リフォーム保証のページ



保 証 約 款


第1条(保証の対象)

     発注者(以下甲という)に引き渡したリフォーム工事部分に対し受注者(以下乙という)
     は本約款に基づいて保証を行います。
     但し、その建物を継続して6ヶ月以上居住しなくなった場合は、保証の対象から
     除きます。

第2条(保証の期間)

     保証の期間は、工事の引渡し日より保証条項記載によるものとします。

第3条(保険の適用)

     甲は保証条項における保証事項のいずれかに該当する現象が発生した場合は、 
     保証期間内にすみやかに乙に通知して下さい。通知されたものに対し、乙が
     認めた場合に限ってその補修の責を負います。

第4条(補修の内容)

     1 乙が行う補修とは、建物の引渡し時の設計、仕様、材質等に従って正常な 
       状態に回復するための補修、取替等の工事をいいます。

     2 前項の工事の対象には、事故の原因となった保証対象部分の他、その事故
       により生じた建物の被害部分を含みます。

     3 前2項の規程にかかわらず、補修が著しく困難な場合又は、損害の程度に 
       比べて補修に過分な費用がかかる場合は、相当な金銭支払いによってこれ
       に代えることができるものとします。

第5条(保証免責事由)

        乙は事故が次の事由によって生じた場合は、補修の責を負いません。

     @ 地震、噴火、洪水、津波、台風、竜巻、暴風雨、集中豪雨、豪雪、落雷等の
        天災及 び火災、爆発、暴動等の不可抗力。

     A 地滑り、崖崩れ、断層、地割れ及び敷地の周辺にわたる地盤、地形の変動、 
        沈下、その他予期できない自然、周辺環境の変化。

     B 近隣の土木、建築工事等の影響に依るもの。

     C 周辺の公害現象及び塩害に起因するもの。

     D 仕上げ等の傷等については、引渡しの時に申し出のなかったもの。

     E 引渡し後、乙以外の者が行った増改築工事、補修工事によるもの。

     F 甲の著しく不適切な維持管理、又は通常予測される使用状態と著しく異なる
        使用。

     G 建物の性質による結露、又は瑕疵によらない建物の自然な消耗、摩滅、錆び、
        カビ、変質、変色、褪色、汚れその他類似の現象。
    
     H 契約当時実用化されていた技術では予防することが不可能な現象、又はこれが
        原 因で生じた事故。

     I 甲の指示に対し乙がその不適当なことを指摘したにもかかわらず、甲が採用
        させた設計、施工方法が原因で直接、間接的に生じた事故

     J 前各号による場合の他、保証条項における特定免責事項に該当する事由。  
                                


保 証 条 項

保証対象
部  分
保証事項
保証
期間
特定免責事項
内装
工事
仕上げ、下地材の著しい浮き、はがれ、
そり、不陸、目違い、すき、破損
1年
・タイル等の目地の微小なひび
 割 れ
・木材の乾燥による収縮に起
 因するすき
仕上げ、下地材の著しい浮き、はがれ、
そり、目違い、すき、破損
1年
タイル等の目地の微小な ひび
割れ、クロスの部分的なはがれ
天井
仕上げ、下地材の著しい浮き、はがれ、
そり、不陸、目違い、すき、割れ、
下り、破損
1年
クロスの部分的なはがれ
建具
ガラス
工事
外部建
建具の開閉不良、施錠不良、部品の
故障、建具のそり、破損、腐食、
雨水の浸入
1年
施錠可能な建具のそり・動作
に支障の無い1/200以下の
そり
内部建
建具の開閉不良、施錠不良、部
品の故障、建具のそり、破損、腐食
1年
施錠可能の建具のそり・動作
に支障の無い1/200以下の
そり、障子紙、襖紙等の破損
ガラス
ガラスのがたつき
1年
ガラスの破損
塗装
工事
塗装仕
上面
白亜化、はがれ、亀裂等
1年
防水
工事
防水仕
上面 
はがれ、亀裂、漏水等
10年
*下記参照

雑工
事 
 
断熱材
 
結露水のしたたり及び、結露水に
よるカビの発生
1年
水蒸気を発生する暖房機の
使用が原因の場合
各種取
付部品
破損、取付不良等
1年
ステンレス
部分
・はがれ、浮き、錆び
・設備機器等でメーカー保証のある
場合はその期間とする
1年
1年
電気
設備
工事
配線
配管
接続、支持不良、腐食、破損等
1年
コンセント
スイッチ等
コンセント、スイッチ、分電盤の取付不良、
作動不良
1年
電球、電池等の消耗品の部分
電気
設備
工事
配管
接続、支持不良、電しょく、ならび
にこれ等による漏水・結露による
他部分の腐朽
2年
土質、迷走電流に起因する電しょく・ 結露に起因する破損、変形
水栓
バルブ
トラップ
衛生機
器等
取付不良、動作不良、漏水、破損等
1年
給湯器
風呂釜
温水器
槽のひび割れ、腐食による漏水、
不同沈下・機能不良
1年
・消耗品部分・凍結の起因する破損、変形
・維持管理の不備に起因するもの
室内
外設
備工
事 
厨房
器具取
付家具
取付不良、建具の開閉不良、漏水等
1年
浴槽、ユ
ニットバス
漏水、取付不良、仕上材のはがれ等
1年
その他
取付不良、破損、動作不良等
1年
消耗品部分


※特記 … 設備機器等本体について、メーカーの保証がある場合はその期間とする。


*防水工事保証免責事項…次の項目に該当する場合は保証の責任を負いません
               (1)天災地変、又は不可抗力による損傷
               (2)工事対象物の構造上の欠陥及び下地材の欠陥による傷
               (3)当社以外の者による故意又は過失より破損し漏水した時
               (4)当該防水工事箇所以外からの漏水又は結露による損傷
               (5)防水工事完了後に対象物の改造改築を行った時
               (6)その他防水材質及び工事以外の原因による漏水
               (7)表層塗膜(着色ポリエステル塗膜)を5年毎に再塗装 
                  (有償)を怠った時:FRP露出防水仕様の場合
               (8)工事着手前の漏水の浸出による損傷